読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

摩り下ろしたひとりごと

あれもこれも好き、そんなブログ書きます

僕は糞フリーターですが、バイト先にて学生さんとシフトが被ると共通の話題はあまりありません。

かと言って業務自体も忙しい方では無いので、自然とアイドルタイム、言うなれば親密度イベントのようなシンスが所々で発生します。

所々とは言っても本当にしょっちゅう訪れるので、エロゲならもうとっくに射精しているなと度々思うのですが、残念ながら現実で、そもそも男しかいないバイト先なのでそんな甘いイベントもなく、言うなれば延々と序盤の日常パートを繰り返すことになるのですが、これがこう何日も続いてくると流石に会話も尽き、飽きが生じてくるわけです。

最初の頃の初々しい自己紹介もそこそこに、ここで、会話に対して様々なアプローチを学生君に仕掛けて行くわけですが、中でも圧倒的にヒットしたジャブはゲームです。

さすがは現代っ子、それなりにゲームはプレイしているようで会話が弾みますが、ここで僕が調子に乗って話し過ぎると萌え豚である事がバレドン引きされてしまうので、基本相手が食いついたら聞きに徹している僕ですが、今のトレンドは圧倒的にスマホゲーであり、若い一般人(そこまで年離れている訳ではないですが)相手とのトークではこれを抑えておくことでかなりスムーズかつニッコリでトークをする事が出来ることが分かってきました。

まぁ、ハマりすぎていると今日の僕のように結局引かれてしまうのですが←

ここでは、そんなスマホゲーの中でも僕が個人的に面白く、引かれるくらいのめり込めるゲームを紹介したいと思います。

まずはスマホゲーの、僕の思う魅力についてです。

1.手軽であること

まずはここが1番かなと思います。昨今のゲハは互換性に若干難があり、かつハード自体の値段も更新される度に高くなっていくので、一瞬うっ!と思ってしまうことがありますが、スマホゲーはスマホさえあれば基本的に動きます(OS等で対応していない場合あり)

かつ基本的にプレイ自体は無料なものが多く、変な話飽きたら簡単にアンインストール出来るのでこの点もクールと言えます。

.Tokyo 7th シスターズ

f:id:syohga:20160804053115j:plain

今流行りのアイドル系のゲームです。そういえばあかべぇそふとから「手垢塗れの天使」なるエロゲが出ていますね、こちらは端的にいうとアイドルが枕営業をする話なのですが、音声切り替えでそんな枕営業をするアイドルの「心の声」が再生されるという機能が搭載されており、キツいセリフも性格も、どこか人間味を感じられる普通に面白かったゲームなのですが、このTokyo 7th シスターズ(以外ナナシス)は2面性無く爽快に楽しめるゲームとなっております。

まず基本的なゲーム性としては、